Entries

マカロン macaron

マカロン・・・ピエール・エルメ(パリのうちの近くにお店がありますが)以外はほとんどの有名店ものを食べましたが・・・このカヌレで有名なお店のマカロンをはじめて買ってみました。マジ旨い!1個1ユーロー、他の有名どころと比べるとちょい安ってところでしょうか。サンテミリオンの素朴なマカロンもなかなかいいんですが・・・・・抹茶クリーム、カシス、キイチゴ、キャフェ、チョコレート、洋梨を食べてみました。ほかにま...

柿はフランスでもKAKIと呼ばれます・・・ウチの隣りの八百屋にはまだ出てませんが、スーパーで見かけました。一般的にフランス人はかなり熟してからスプーンですくって食べるので、渋柿が多く出回っており、硬いあの美味しい食感を好む場合は失敗が多いです!故に、僕は”日本人好みの柿”を好む中華・ベトナム食品でしか買いません。...

美味しいチョコレート

ヌテラを作っているメーカーのチョコレート・・・突然無性に食べたくなるチョコレートのひとつ・・・デュプロDuplo山が3個・・・この写真は既に1個ありません。^^チョコレートの中にクリームとウェハースとヘーゼルナッツ・・・マジ美味しいです。ヌテラと同様、是非日本で見つけたら試してくださいね!*ferrero イタリー*ferrero フランス...

coquillettes コキエット

前日たくさん作りすぎた”ブタの生姜焼き”・・・あくる日のお昼にと思ったら、お米の買い置きがゼロ!いろいろ戸棚を探してみたけれど数種類のパスタのみ。ちょっと迷った結果、このコキエットcoquillettesを使ってみることにしました。結果は・・かなりまとも!というか、いけてました。^^...

白菜 chou chinois

ウチの隣りの八百屋で売っていた白菜・・・デンマーク製です。中華食品で買うよりちょっと高めかも?でも、車でわざわざ渋滞覚悟で買いに行くことを考えたら、少々高くても納得。フランス人は、サラダ、ソテー、グラタンにして食すみたいです。最近、ウオックWOKの流行で、けっこう中華風にショウガと醤油を使って料理するフランス人もいるみたいです。...

KIR キール

KIR キールKIR ROYAL キール・ロワイヤルKIR FRAMBOISE ROYAL(KIR IMPERIAL) キール・フランボワーズ・ロワイヤル(キール・アンペリアル)KIR キールは白ワイン(本来はブルゴーニュ・アリゴテ)をカシス(黒スグリ)のリキュール(creme de cassis)で割ったアペリティフKIR ROYAL キール・ロワイヤルは上記の白ワインの代わりにシャンパーニュ(シャンパン)で割ったものKIR FRAMBOISE ROYAL(KIR IMPERIAL) キール・フランボワ...

ヌテラ Nutella

1964年 4月20日イタリアのALBAという町で誕生して以来40年間も愛されつづけている世界的ロング・セラーヒット商品。製法は極秘!コカ・コーラと同様、全世界で類似品が販売されているがオリジナルに勝つものは未だになし。クリスマス期間限定の3キロタイプが発売されました!!価格は19,20ユーロークレープにも欠かせない、朝のビスコット(ラスク)に、バケットに塗ってもいけてるし・・・お菓子を作るのにも!3...

ペトンクル PETONCLE

ペトンクル PETONCLE・・・・イタヤガイ科の海産食用二枚貝帆立貝の半分くらいの大きさで値段は1/3。(拡大写真)昔は、これもホタテと書いて売られていたこともありましたが、現在は法律で禁止。ちゃんとペトンクルと明記しなければなりません。パリの某日本レストランで、これをフライにして”帆立貝のフライ”として出してました。けっこうショック!フライにすると・・・「ちょっと小さいホタテですね~」くらいで分からないかも...

ヤツメウナギ Lamproie

ハイパーマーケットで売っていたヤツメウナギ Lamproie、気持ち悪いです!ボルドーの有名な料理で、Lamproie a la Bordelaise (ボルドー風ヤツメウナギ料理)というのがあります・・・・・生きたウナギを頭を上にして吊るして、しっぽを切り血を抜きます(Saigner )。その血を回収して出来れば高級ボルドー赤ワインとこの血で煮込み、最後にアルマニヤックでフランベするというもの。*Lamproie a la Bordelaise-meilleurduchef.co...

辛口白ワイン

Entre-Deux-Mersで生産された辛口白ワイン・・・アルカションの牡蠣と本当によく合います!Entre-Deux-Mersの紅葉Entre-Deux-Mersにあるフランスで一番小さな村...

スムールのお菓子

市販のスムールのお菓子・・・デザート・おやつにプリン感覚で食します。スムールsemoule(セモリナ)はフランス人が一番好きな外国料理、クスクスcouscousを作るのに用います。家庭でも牛乳と砂糖と混ぜ合わせ、しばらく火にかけて簡単に出来ます。・・・こんな感じ!スムールの量を多めに作れば、食感はまるで”ういろう”バニラ・エッセンスを入れたり、レーズンを入れたり、カカオを入れたり・・・この市販のスムールのお菓子には...

TORAYA「虎屋」 VS KITCHOAN「源吉兆庵」

TORAYA「虎屋」がパリ出来て既に20年・・・・今年になってKITCHOAN「源吉兆庵」がマドレーヌ寺院近くにオープン。店内奥には海外店舗初の茶寮を設けられています。小豆、あずき、AZUKI 、Haricots rouges(アリコ・ルージュ)・・・今まで美味しそうに饅頭を食べていたフランス人・・・「この中味は何?」と訊くので「Haricots rouges(アリコ・ルージュ)」だよと・・・その瞬間から、食べるのを止めてしまうくらいアリコ・ルージュを甘...

ボージョレ・ヌーボー、今年の味と楽しみ方

今年のボジョレー・ヌボー、2日続けて飲みましたが・・・あくる日に残らず、頭も痛くならない!これはうれしい事です。毎年、"お祭り"行事なので必ず買いますが・・・いつも後悔・・・ボルドーではこんな感じでウチの隣のワイン屋も一応”ボジョレー・ヌボー"解禁を祝いますが・・地味!ボージョレ・ヌーボー、今年の味と楽しみ方 -夕刊フジBLOGというちょっと興味のある記事があったのでトラバしました・・・...

ソコダラ Grenadier と Fenouil フヌーユ(ういきょう)

白身魚は僕があまりり好きではないので、食卓に登場する事は滅多にありませんがウチの彼女が好きなのでお任せしました。(勝手のどうぞ!って・・・)フランス人は白身の魚と、ジャガイモを茹でたものの組み合わせがかなりお好きなようです。(僕の最も苦手な組み合わせ)こんな感じで生クリームをソコダラの切り身の上にかけます・・・・ゆがいたFenouil フヌーユ(ういきょう)も一緒に・・・フランス語でゆがく・アクを抜く事をbl...

nashi 梨 poire

今週、ウチの隣りの八百屋で売り出されたnashiです。懐かしい味がします~パリやボルドーのアジア食品店ではかなり前から売られてましたがフランス人が普通に買い物をするようなところでは珍しいです。fujiリンゴも最近では普通に売られ、白菜もアジア食品店に行かなくても手に入るようになりました。^^*中味フランスで・・・人のことをさして、「彼はpoireまたはbonne poire(美味しい梨)」というと、「彼は何てお人よし・間抜...

ボジョレー・ヌーボー<続き>

今年もボジョレー帝王ジョルジュ・デュブッフ M. Duboeuf(71才)が昨年に続いて、東京のホテルでの「ボジョレー解禁」パーティーに出席、自らコルクを抜いたそうですが・・・まぁ日本は、ボジョレーにとって超VIP国ですからね~。ただし、日本は、今年アメリカに抜かれて世界のボジョレー輸入国第2位に。アメリカは去年の50パーセント増!!日本は去年の27パーセント増しだそうで・・・10年前の日本のボジョレー輸入数は...

<ボージョレ・ヌーボー>18日午前0時、日本全国で販売始まる

<ボージョレ・ヌーボー>18日午前0時、日本全国で販売始まる・・・・毎年(あたりまえだけれど・・・)日本のほうが時差+8時間で、フランスより早くボジョレー解禁・・・これまた毎年日本のギャル達が乾杯しているのをお昼のニュースで流しますが、しっかり定着した年間行事の一つになりましたね~ボルドーのワイナリーの7割くらいは現在真っ暗!超不景気で、樽の卸価格が原価を割ってしまうかもと・・・これは法律で禁止です...

Ventreche de Porc(poitrine)ヴォントレシュ

ブタの胸肉・・・パリではpoitrineプワトリンヌといってますが、フランス南西部やバスク地方では・・・ventrècheと呼んでます。この肉を鉄板で焼いてバケットにはさんだバスク風サンドイッチは・・・まず匂いにつられ(焼き鳥のように・・・)お腹が減ってなくてもついつい買ってしまいます。ウチでバーベキューをやる時は、ニンニク・しょうがをおろして、醤油に砂糖と一緒に混ぜ、そのなかに少し漬け込んで焼きます。匂...

プリン

フランスではクレーム・キャラメルCREME CARAMEL市販のもので充分おいしいいので、これは自分達では作りません。なんだか”懐かしい味”と思わさせるのは・・不思議です。...

カルヴァドス calvados

年代もののいいカルヴァドスはかなり旨い!!コニャク、アルマニヤックに押されていまいち知名度がないカルヴァですが、なんのなんの年代ものは負けてませんよ!ノルマンディーのカルヴァドス地方で作られるリンゴのブランディーです。リンゴのお酒、シードルもクレープを食べる時に一緒は最高です。僕が毎年夏をを過ごすノルマンディーの片田舎(ペルシュ地方)でも昔からこのお酒を造ってます。昔はこんな感じで・・・・クリック...

ミカン CLEMENTINE

ミカン CLEMENTINEの季節になってきました・・・寒がりの僕にとってはかんり厳しい季節の到来ですが、パリよりは寒くないボルドーですが、パリのウチは中央暖房で1日中暖かく快適なのに、ボルドーはアパート自身の広さがパリの5倍!窓だらけで、夏向きの日本のうちみたいで、しかも電気暖房なんです・・あまりにも暖かくならないので、去年から石油ストーブ2台が活躍。今年からもう一台加わりました。まぁこの季節、スープ類や...

baratteバラット

20世紀初頭までノルマンディー地方で活躍していたバター製造用の攪拌器(チャーン)。こんな形のあります。出来上がったバターを こんな木型に流し込んで・・・・・*ペルシュ地方にある お城 CHATEAU SAINT-JEAN の展示場から・・・...

ドリンク・バー

フランでは珍しい/貴重?な存在です・・・・来年には日本でもオープンが決定しているスウェーデン生まれのIKEAのドリンク・バーです。このフランスにおいて1ユーロー20でソフト・ドリンクが飲み放題はほとんどありません。日本に一時帰国したときにはじめてファミリー・レストランで経験して驚きました。ボルドーのIKEA*IKEAは僕のお気に入りのお店。来年日本上陸決定らしいですが、スウェーデン発の家具・食器・電気器具のキャ...

自家製スモーク・サーモンもどき・・・

スモークしていないのでスモークではないですね・・・マリネでもないですねぇ~。鮭を一匹買ってきて、3枚おろしに・・粗塩をふりかけ、aneth(ディル、イノンド)、ロリエ、ニンジンのスライスを少々。その上からオリーブ・オイルをかけてビニール袋に入れて2.3日寝かせたら出来上がり。よく切れる包丁でスライスします。スモーク・サーモンよりは当然生っぽいですが(けして生臭くありません)・・僕はこれのほうが最近...

クルジェット(ズッキーニ)のキッシュ

けっこう簡単にできるキッシュ。準備時間を含め1時間くらいで出来上がり。バジルとズッキーニの絶妙なハーモニー。冷めてもいけますが、できれば熱々をお召し上がりになってくださいな!ベーコンのキッシュもポピュラーで美味しいですが、このズキーニのキッシュなかなかいけてます!...

フェタ・ケーク

前菜またはあまりお腹がすいていないお昼にどうぞ!!cakeという単語はチーズ・ケーキ、フルーツ・ケーキの場合にも使われます。材料はfetaギリシャのチーズ、パセリ、バジル、シブレット(西洋アサツキ)。牛乳少々、小麦粉、玉子、ベーキング・パウダー。cakeの型に入れてオーブンで50分焼きます。 焼きあがりはこんなです・・・クリック...

Profiterole au chocolat プロフィトロール・オ・ショコラ

フランスの安いレストランやキャフェ、イタリアンは必ずあるといってもいいデザートがこのProfiterole au chocolat プロフィトロール・オ・ショコラシュークリームの生地の中にバニラ・アイスがつまっていて、その上から温かいチョコレート・ソースをかけて(アーモンドなんぞも散らべて・・・)単純だけど難しいデザートらしいです。僕は食べるだけですから問題はありませんが、確かに、アイスクリームが溶けすぎていたり、逆に硬...

お寿司・・・

”焼き鳥”の記事に書いたニセ・ジャポのお寿司・・・・カルフォルニア巻きです。本物の日本レストランみたいに魚の種類がないのでちょっと残念ですが・・・値段はマジ安いです。期待しないで食べる分には合格。ここのお店なんか、セルフなんですがテラス席もあり食後のコーヒーもサービスで出してくれます。もちろん持ち帰りもできます。お寿司のほかに、中華風エビ・フライ、シュウマイ、中華スープ、チャーハンもあり。...

焼き鳥

1980年代のパリ・・・・雨後のタケノコのように”焼き鳥や”が誕生した。9割以上の店は中国人経営であっという間にカルチェラタンの中華は日本料理屋に変身!その後、彼等は寿司ブームに乗って、寿司コーナーを作り・・・見事な商売です。その間に本物の日本レストランが何軒潰れたのでしょうか?中国人(ベトナム人)経営の”日本レストラン” (僕らの仲間の間ではニセ・ジャポと呼んでます。)は、フランス人に言わせるとまずお...

サンドイッチ

フランスでサンドイッチといったら・・・ほとんどバケット・サンド(フランスパン)のサンドイッチ。時々、食べたくなるのがこの食パンのサンドイッチですが・・・フランスの食パンは・・・一般的にパサパサで不味いんです。クローク・ムッシュにはむいてますが・・・・パリでは日本人が作っている日本風の食パンが割と手に入りやすいのですが、ここはボルドー。しかし、2年前に今住んでいるアパートに引っ越した時は信じられませ...

Appendix

Profil

Author:naoparis75006
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers rétroliens

Archives mensuelles

Catégories

カレンダー

10 | 2004/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Recherche