Entries

Vin bourru ヴァン・ブルュ

Vin bourru ヴァン・ブルュ 発酵が完全に終わっていないワイン・・・今年も満月と共に、隣のワイン屋さんに入荷しました!これを飲むと、秋を感じます。今年のは・・・去年と比べて・・・・超甘~い!ジュースより甘いですよ!!もう少し、発酵が進んでからまた飲んでみようと思います。*Vin bourru 隣のワイン屋さんで今年は、1本2,70ユーローでした。...

カタツムリescargot

はじめは・・・やはり?食べるのを拒否しました。(笑)何度か勧められるうちに、まぁいいか!とあの可愛い歌♪でんでんムシムシ、カタツムリ~♪を忘れ・・・食べたらこれが旨い!今では、バター、ニンニク、パセリが混ざった匂いをかぐとカタツムリを連想してヨダレが・・・最近、輸入のカタツムリが多いそうですが、これらはMADE IN FRANCE!旨いです!...

ミュスカ muscat

ミュスカ muscat vin doux 甘口ワインです・・・フォアグラと相性がいいですが、アペリティフ食前酒としてもいけます。...

モスカテル

スペイン産の甘いワインです。アペリティフによく飲みますが、結構甘くて口当たりがいいのでついつい飲みすぎです。氷をいですがれて飲んでら丁度いいくらいですが、僕は横着にも冷蔵庫に入れて置きます。このワインを飲みながら、チョリソーをつまむは・・・いいですよ!...

牡蠣 huître

日本ではあまり知られていませんが、ボルドー(正確にはアルカッション)の牡蠣生産は有名です。フランス国内需要の元になるチビ牡蠣の約70パーセントを供給しているそうです。ほぼ1年中食べられますが、やはりRのつかない月(4,5,6,7,8、9月)の牡蠣はミルキーで僕の好みではありません。この写真のプレゼンテーションは全然素敵ではありませんが、その場で食べる新鮮な牡蠣9個+白ワイン+パン+海を見ながらのロ...

リレ LILLET

ボルドーの幻の最高級アペリティフワイン 1887年に誕生、ボルドー市から30km離れた小さな村、ポドンサックで製造されてます。白と赤がありますが・・・なんといっても白でしょうね。フォワグラ、果物にもとてもよく合います。リレLILLETのオフィシャルサイトhttp://www.lillet.com/lillet.jsp?d=h&&lang=fr日本のLILLEThttp://www.rakuten.co.jp/wineya/431007/530156/#490437...

タパス

このタパスはボルドーのスペイン料理屋のものですが、バスク地方(スペイン側)によくボルドーから車で食べに行きます。このタパスのはしごが・・・本当に楽しんです。日本人にはピッタシかも?一晩で5・6軒は最低はしごをします。タパスといってもいろいろその地方、お店によっても違うので飽きません。サンドイッチ系のタパスやら、海産物のタパスやら・・・・是非試してみてくださいな!スペイン・ワインも気取らず飲めて・・...

Croissant aux amandesクロワッサン・オザマンドゥ

売れ残ったクロワッサンを使って作ります。僕はクロワッサン自身よりも好きです。この他に売れ残ったレーズン・パン、チョコレート・パンを使ったものもあります。チョコレート・パン(パン・オ・ショコラ)の残りを使ったものも美味しい~!!...

ワイン

左が普通のサイズ、右が倍の1,5リッター瓶(マグナム瓶)。価格は普通サイズの2倍より高くなるのですが、できればこのマグナム瓶を購入、寝かせる事をお勧めします。専門家によると、でかい瓶のほうがワインの熟成がよろしいようで・・・・ハーフ・ボトルは邪道だそうで。まぁ購入してその日に飲む場合は普通瓶を2本のほうが安上がりですね。...

boeuf bourguignon 牛肉の赤ワイン煮

出来ましたよ~!!肉も柔らかく、美味しく出来ました。ジャガイモは、イルドレの新じゃが。皮を剥かないでそのままソテーしていただきます。旨~い!...

boeuf bourguignon 牛肉の赤ワイン煮の材料

写真の材料を出来れば一晩、赤ワインに浸せて寝かせます・・・翌日、圧力鍋で50分加熱します。出来上がりは・・・お楽しみに!!必要不可欠なもの・・・ブーケ・ガルニbouquet garni(パセリ、タイム、月桂樹)、clou de girofle(クローブの花のつぼみを干した香辛料)、コショウの粒...

ノルウェー風オムレツ型アイスクリーム

アイスクリームをメレンゲで覆いオーブンで色づけるデザート。かなりいけてます。...

ミュゾー

museau de porc以前(狂牛病が問題になる前・・・)は牛も使ってましたが、現在はもっぱら豚の頬・あご肉などの塩漬けを薄切りにした前菜です。セロリのレムラード・ソース和えceleri remouladeとマッシュ・・・こういう前菜が僕は好きです。...

レムラードソースRemoulade のレシピ

2 cuil. caf de moutarde, 2 jaunes d'oeuf, 25 cl d'huile de tournesol, vinaigre, sel, poivre 小さじ2杯のマスタード、卵黄2個、25 cl のひまわりの油、ヴィネガー少々、塩、胡椒(4,5人分)*基本はマヨネーズ、それにマスタードを加えると出来上がりです。*セロリ・ラーブceleri-rave 根用セロリ...

ボルドーのカヌレのお店

ボルドー、カヌレ専門店Baillardranです。最近、マカロンもはじめました。パリではモンパルナスの国鉄(SNCF)の駅にもブティックが出来てカヌレ・ファンも大喜び!カヌレ1個1,50ユーロー(約200円)*カヌレの情報http://www.tigercrown.co.jp/cakeland/vol05/vol05-5.htmhttp://www.aicohsha.co.jp/tyumoku/canne.htmlhttp://www.baillardran.com/...

プロヴァンス風イカの煮込み・・・

豊作のトマトを一杯持ち帰ったのはいいのですが・・サラダも飽きたし・・・なんて言っているうちに傷み始めてきたので思い切ってトマト・ピュレを作りました。そのピュレを使って作ったのがこれ。新鮮なイカをたくさん使い満足な出来でした。しかも、この料理は僕の大好きなご飯(お米)にピッタリです!!...

トマト・ファルシ tomates farcies

ウチの彼女のオヤジさんが毎週末、パリからノルマンディの片田舎の別荘に出かけ、趣味で野菜を作ってます。今年の豊作はトマトとインゲン・・この夏しばらくヴァカンスで一緒に過ごしましたが、毎日トマトとインゲン三昧!!最後の頃は若干食傷気味でした・・・(笑)まぁそれでも、真っ赤になるまで熟したトマトをもぎとって作ったトマト・ファルシはやはり最高です・・・問題は、毎年・・・作りすぎて・・・・同じモノを毎日食べ...

パエリャ (パエラ) paella

ウチの彼女のお母さんの得意料理のひとつです・・・・本場スペインで何度か食べましたが、いまいちで・・・お母さん(ノルマンディー出身)のパエラのほうが美味しいです!この夏、タイミングが合ってノルマンディーの片田舎で久しぶりにお母さん手作りのパエラを食べました。さすが!お見事でした。この料理に欠かせないのがサフラン。毎回スペインに遊びに行く度に・・またいつの日か、このパエラを作ってくれることを期待してサ...

カヌレ Canelé

1個1、50ユーロー(約190円)・・・ボルドー名物です。パリのモンパルナス駅に直営店が出来て以来、パリジャンの間でも人気上昇!最近、新しいタイプのカヌレが出ていますが、やはりこの昔からのタイプが一番美味しいです。僕としては外側がぱりっと、中味は適度に柔らかくが好みですが、買うときに好みの焼き加減(固さ)を指定出来ます。...

ビールのカクテル・・・

左がパナッシェpanaché:生ビール(フランスのキャフェでは何故かドゥミdemi・・0,25リットルなのに・・・と呼びます)とソーダ水を混ぜたもの右がモナコmonaco:パナッシェにザクロgrenadineのシロップを混ぜたもの・・・夏を惜しんでのキャフェのテラスでの一杯でした。...

Hachis parmentier アシ・パルマンティエ

ジャガイモのピュレ(マシュポテト)と挽肉の重ね焼き・・・Hachis parmentier アシ・パルマンティエ本来は、残り物を活用した料理です。ぼくのお気に入り料理のひとつ。(ジャガイモが苦手なくせに・・・)今回、料理が最高に旨いウチの彼女のお母さんが「何が食べたい?」と言うのでリクエスト!!残り物ががあまり無かったので、お肉は鴨のコンフィもいれて(肉はほかに前日の鶏肉と豚肉のあまり)・・・かしこまって上品に食す料...

マジパンPâte d'Amandes

マジパンPâte d'Amandesあなたは何処から食べはじめますか?お菓子屋さんと最近真剣にこの問題について語りました。(笑)しっぽから食べ始める人が多いようです・・・・...

La Fougasse フガース

La Fougasse フガース各地方によってビスケット、ブリオッシュの呼称になっているが、フランス南部(ボルドー地方も含む)特にプロヴァンス地方ではパンの呼び名。このフガースはプレーンですが、他にオリーブ入り、アンチョビ入りチョリゾー入りなどがありけっこうこのパンだけでお昼は満足します。僕の知っている限り、パリではほとんど見かけません。...

ムール貝のスープ・パスタ

ムール貝の白ワイン蒸し煮 moules marinièreで残った美味しいスープを使ってスープ・パスタ!!ニンニク、エシャロット、ムール貝の味が合わさって・・・旨いです!今回は、ちょっとスープが足りませんでしたが・・・やはり、パスタ料理はウチで食べるが正解です。フランスでアルダンテで食べさせてくれるパスタ屋さんを捜すのは大変です。...

手作りチョコレート

僕の大好きなボルドーのチョコレート屋さんのチョコレート・・・若いカップルが、経営している素敵なお店で、地下の400平米もあるアトリエでご主人が毎日、自慢の作品を作ってます。これから、チョコレートが楽しい時期!また太りそうですが・・・このお店の美味しいチョコレートを前にしたら・・・ダイエットのことなんぞすっかり忘れてしまいます。...

ファラフェル

パリのマレー地区を散歩していると、必ず食べたくなるのがこのファラフェル中味は、ひよこ豆をつぶして丸めて揚げたもの(数個)・赤キャベツ・キュウリ・トマト・茄子。黄色いものは口直しの辛いピーマン。 これ1個でかなりお腹がいっぱいになります。...

マカロン

メゾンドショコラのマカロンです・・・友達が働いているので、よく仕事の帰りにケーキやらチョコレートやらもて来てくれます。まぁ、こんな状況では・・・ダイエットは絶対に無理ですね!...

Le Fenouil フヌーユ(ういきょう)

アニス系が嫌いな人には向きませんが・・・ちょっと湯がいておいてから、ポワロー・ネギと一緒に炒めると旨いです!鉄板焼きにもいいかも?...

かぼちゃ potiron

カボチャがそろそろ市場に出始めます・・・はじめてフランスでこのカボチャを見たとき、御伽噺のカボチャの馬車が信じられました。フランスではスープにして食すが一般的です。ケーキを作る人もいますが・・・...

カリフラワー chou-fleur

洗った後、生でマヨネーズ(自家製)と一緒に食します・・・はじめて食べる時は若干抵抗があるかもですが・・・慣れると、この味、止められません。できればマヨネーズは自分で作ってくださいね!...

Appendix

Profil

Author:naoparis75006
Bienvenu à FC2 Blog !

Derniers rétroliens

Archives mensuelles

Catégories

カレンダー

08 | 2004/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Recherche